本文までスキップする

Blog

祖父と味わううなぎと物づくりの思い出

こんにちは、永岡です!

今日は、休みの日に祖父と一緒にうなぎを食べに行った素敵な思い出についてお話ししたいと思います。

祖父との特別な時間

私が物づくりを好きになったのは、祖父の影響が大きいです。祖父は昔から手先が器用で、木工など、さまざまなものを自分で作っていました。小さい頃からそんな祖父の姿を見て育った私は、自然と物づくりの楽しさに魅了されるようになりました。

うなぎを楽しむ

さて、休みの日のお話です。祖父と一緒に、龍野にあるうなぎ屋さんに行ってきました。お店の名前は「鰻の成瀬」。趣のある店構えが特徴で、店内に入ると炭火で焼かれるうなぎの香ばしい香りが広がっていました。

私たちが注文したのは、「うな重」。ふっくらとしたうなぎの身が、特製のタレと絶妙にマッチしていて、一口食べるごとに幸せな気持ちになりました。祖父はうなぎを一口ずつゆっくりと楽しんでいました。その姿を見ているだけで、私も心が温まりました。

まとめ

祖父との時間は、私にとってかけがえのないものです。物づくりの楽しさを教えてくれた祖父との思い出が、今の私の原動力になっています。これからも祖父との時間を大切にしながら、物づくりの楽しさを追求していきたいと思います。

それでは、また次回のブログでお会いしましょう!